1名200〜500円でフル機能が利用可能!
シンプルに使えるクラウド型の日報アプリ Nipo

スマホ・タブレット・PCに対応
無料でずっと使えます。
フル機能も1名当たり200円~500円と格安
メアドすら不要で始めることが可能です

Nipoを使ってみる

クラウド日報 Nipo

アイキャッチ
この記事は約7分で読めます。

Nipoを一言で表すと、「スマホやPCから日報提出、CSV/PDF出力可能な日報アプリ」です

シンプルな日報アプリです

日報の作成-アイキャッチ

日報の作成画面です。一般的な日報の見た目そのままに入力できます

Nipoの画面はとてもシンプルです。PCが苦手な方でも大丈夫。WordやExcelの日報よりはるかに簡単です。初心者が迷う「名前を付けて保存」などもありません。

様々なパーツを組み合わせ、オリジナルの日報テンプレートを作れます

テンプレート編集-アイキャッチ

日報のテンプレート作成はブロックを繋げるだけのかんたん操作

Nipoは「所定のテンプレートを作り、決まった周期で記入するシステムです。

Nipoは様々なパーツを組み合わせて、テンプレートを作ります。各種パーツの詳しい説明は割愛しますが、「きまった値しか入力できない」ものが多いです。

これは管理する側にとってとても都合が良いものです。例えば日付を例にしても、制約が無いと「和暦」や「西暦」で書く人。全角、半角の統一も大変です。当然ルールは守られないので、何度も注意することになります。そのため入力の時点で制約をかけることが重要です。

もちろん日報を書く側にとってもメリットがあります。入力のミスをある程度システムで防ぐことができるためです。日報テンプレートのパーツには「選択肢」などの便利なパーツもあります。例えば「今日の天気はなんですか?」のような設問を日報テンプレートに組み込む場合、Nipoは様々な方法を選択できます。


 

選択肢パーツ(プルダウン)
選択肢パーツ(ラジオ式)




 

このようなパーツを組み合わせて日報のテンプレートを作りましょう。会社の業務にきっとマッチするテンプレートが作れるはずです。そしてこのテンプレートは最大で20種類まで保存できます。

テンプレートは大きく分けて「日報用」と「チェックシート用」の2種類あります。チェックシート用のほうが設問幅が長くなっています。でも、スマートフォンから表示したらどちらも同じです。

テンプレートに沿って日報を書くだけ。日報業務が楽になります

日報の作成-アイキャッチ

日報の作成画面です。一般的な日報の見た目そのままに入力できます

前述した「テンプレート」を1つ作れば、あとはそれを社内で共有しましょう。特別な操作は必要ありません。スタッフをグループに追加するだけです。

日報の作成画面はとってもシンプル。選択肢やスライダーなどを使うことで、より直感的に操作ができます。日報の画面自体も一般的な紙の日報をできるだけ再現しました。結構多いんですよ?ただの四角い箱1つおいて、「日報」を称するアプリって。

日報の提出相手や、一緒に読める相手も日報作成時に選択できます。管理者側で制御することも可能です。社内全体で共有するべきか?それとも上司だけ読めれば良いのか?会社の風土や考えに応じて自由に設定可能です。

  • 全員読めるようにするなら「共有モード」がおすすめです
  • 管理者だけが読めれば良いなら「共有しない」がおすすめ
  • 間を取った「通常モード」もあります。
  • 各種モードの変更は管理者がいつでも行うことができます。

会社オリジナルの日報をつくってみよう。テンプレートのカスタマイズについて詳しく見る

日報やチェックシートをPDFに変換できます。 印刷・メールに添付など便利に使えます

PDF変換アイキャッチ

日報をPDFに変換できます。

日報をWebシステム化するメリットの1つがペーパーレス化です。

しかしときには、「紙に印刷された日報」が必要になることもあります。Nipoは印刷を前提としたPDF変換機能がありますので、ワンクリックでかんたんにPDF化できます。

PDF化された日報や点検表はA4用紙にキレイなレイアウトのまま印刷することができます。検印欄のオマケも付きます。

日報をPDF化し、A4用紙に出力する様子。動画の59秒前後をご覧ください

 

検印欄にハンコを押してみたいなぁ。あ、日報のPDF化について詳しくはこちらです

面倒な日報の集計もかんたんです。CSV出力もOK

グラフ分析-アイキャッチ

CSV出力したデータを自由に分析できます

CSVエクスポートで沢山の日報を1枚のエクセルシートにまとめることができます。CSVなので、例えばAccessのようなデータベースソフトに取り込むことも可能です。

日報やチェックシートはどんどん蓄積していきます。乱雑に蓄積されたのでは貴重な情報を有効に活用するのは難しいでしょう。そのためにも、きちんと管理できるNipoを検討してみてください。CSV出力はお客様への保険にも繋がります。Nipoによるロックインを回避できるためです。

Nipoは日報の提出を一本化し、きれいに整列された状態で保存します。きちんと整理されて保存されるため、日報を情報分析のリソースとして利用することが可能です。

「でもExcelなんてめんどくさい」という方向けのかんたんな分析機能もNipoは内包しています

タブレットで日報をグラフ化

日報やチェックシートのテンプレートに「数値パーツ」を設置すると、Nipoが自動で集計&グラフ化します。例えば「営業活動日報」を例にすると、

  • アポイント件数
  • 契約件数

といった項目を集計できるということです。CSV出力するほどではないけど手軽に見たい場合はこちらがおすすめですね。

 

使い慣れたエクセルなら、グラフ化や並べ替えも自由自在。日報の分析について詳しくはこちらですっ

スマホでもタブレットでもPCでもOK. 「日報を書くために事務所へ戻る必要なし」

モバイルフレンドリー

「日報をスマートフォンで書きたい」「日報をタブレットで読みたい」

もちろんできます。クラウドシステムの強みですね。スマホは画面幅が狭いので、見た目が結構変わります。でも不思議、スマホからPDF化するとちゃんとした見た目のPDFが作成できます。

クラウドだからバックアップも不要です!タブレット・スマホに関連するページはこちらっ。
あ、アプリもあるよ(Android/ iOS)

日報・チェックシートの提出漏れをかんたんチェック!部下が多くても安心です

提出簿-アイキャッチ

たくさんのスタッフが居ても、誰が提出していないかをひと目で把握できます

50人の部下がいたとして、机の上には49件の日報がありました。さて、提出していないのは誰でしょう?犯人捜しの無駄な労力はもう必要ありません。提出簿を見れば一発です。

無料プランあり。有料プランは1名200〜500円とお手頃価格です

無料コース

GOLD PLAN

一部機能に制限がかかりますが、ずっと無料で使い続けられます。Nipoを気に入ってくれて、有料プランに加入するときも安心。1名あたり200円〜500円ととってもリーズナブル。競合サービスと比較しても間違いなく、「最安値」部類に入ります。

 

面倒なアカウント作成も不要。まずは使ってみてください

実際にNipoを使ってみませんか?無料で今すぐ始めることができます。
「アカウント作成」の手間は一切不要です。あなたの手間を最小限に抑えました。
まずは手軽に操作してみて、気に入らなければブラウザを閉じるだけです。

アカウントなしで手軽に体験しよう

Nipoを起動後、「アカウントなしで使う」ボタンをクリックします

気に入ってくれたら継続利用のためにも、匿名から正式アカウントへ昇格させてください

Nipoを起動する

ここまでスクロールしてくれてありがとう
Nipoを手軽にはじめよう

ワンクリックでアカウント作成できます

クラウド日報システム Nipo

コメント

  1. 松村信男 より:

    改良のお願い
    ゴールドプランで社内利用始めております。
    NIPO は通知機能が弱く改良検討願います。
    1.日報を受信したことを知らせる通知
    2.コメントを受信したことを知らせる通知
    これらの通知機能があればコミュニケーション型日報として飛躍的に使いやすくなります。

  2. Ueda より:

    松村さま

    ご意見ありがとうございます。
    通知機能については現在E-mailによる通知がサポートされていますので、こちらをご利用ください。
    https://nipo.sndbox.jp/manual/guide/email-notice

    一応、
    1.日報を受信したことと
    2.コメントを受信したこと

    がE-mailに通知されるように設定できます。
    この設定は初期設定でOFFとなっており、またグループ全体の設定ではなく、「個々」に設定が必要です。
    (中には通知を受け取りたくない人もいると思うので個別で設定するようになっています)
    よろしくご検討くださいませー