2019/01/11 新料金プラン登場ですっ

日報をみんなで共有するのが正しいとはかぎりません

function

私の日報を読みたいですか? はい・いいえ

情報を共有することは良いこととされていますが、それも内容によりけりです。

会社の機密を全員に共有したら「機密」ではなくなってしまいます。

日報も、内容や相手によっては共有しないほうが良いこともあります。

「同僚同士は見せる必要が無い」ということも正しいし、「同僚同士で情報を共有し、お互いの励みにつなげる」ことも正しいと思います。

情報の共有については会社の方針によってさまざまな考え方ができるので、Nipoにできることは

「さまざまな会社の方針に対応できるようにする」ことです。

「取締役3人が全員の日報を読める」といった設定もOK

 

日報を公開する範囲は、グループモードの設定で大きく変わります。

どのような違いがあるかを見てみましょう。

きっと、あなたの希望に近い物があるはずですっ

 

プライベートモード

プライベートモードは日報が管理者に集約します

管理者に日報が集中

パブリックモード

全員の日報やチェックシートが読める

全員の日報が共有

通常モード

日報作成の都度、公開範囲を設定できる

都度指定可能

ワンマンスタイル 管理者が全てを掌握できる「プライベートモード」

プライベートモードは「誰に日報を書く」といった選択肢がありません。

全ての日報は「管理者」にしか届きません。

情報共有は一切なく、常に「メンバーと管理者」のホットライン状態です

管理者が全てを把握したい時におすすめです。詳しくはグループモードの設定(プライベートモード)をご覧ください

みんなで情報を共有する「パブリックモード」

部下も上司も関係なし。

誰かが書いた日報は、グループのメンバー全員が読めます。

上司が上司の上司に書いた日報を、その部下が読めます。

グループの情報を広く共有したい時におすすめです。詳しくはグループモードの設定(パブリックモード)をご覧ください

自由な日報の流れを可能にする「通常モード」

「この日報は、A社長とC部長代理とY部長補佐が読める日報」

こんな感じで部長シリーズだけ読めるようにできます。

日報作成のたびに、自由に読める人(読んでほしい人?)を選択します。

毎回選択するのがめんどうだって?

大丈夫です。1度提出相手を選んだら、2回目以降は自動でセットされますよ

個別に公開範囲を細かく指定できるので、一番融通の利くモードです。詳しくはグループモードの設定(通常モード)をご覧ください

ところで部長代理と部長補佐はどっちがえらいの?

「船頭多くして船山に登る」 それはとっても良くないことです

複数の人が同じ日報を読めるのはいいとして。

その日報の承認権限・棄却権限は絶対に1名と決めています。

C部長代理が承認したのに、Y部長補佐が棄却したらどうしましょう?

Nipoはシステム上、このようなことが起きないように先回りして解決しています。

承認権限のあるのは、「提出先」と呼ばれ、1つの日報に付き提出先は1名しか指定できません。

日報を読んだり、コメントを付けられる「共有先」とは明確に役割が異なるのです。

身近な例で例えると、E-mailの例が最も適しています。
E-mailは「宛先」と「CC」があり、このメールを本当に受け取って欲しい人を「宛先」にいれ、ついでに読んでほしい人を「CC」に含めて運用します
Nipoのケースに当てはめると次の関係になります

宛先=提出先(ただしNipoは1名まで)
CC = 共有先(人数制限はありません)

 

日報やチェックシートが読めるメンバーができるその他のこと

日報やチェックシートが読める(画面に表示される)場合は、読む以外にも様々なことが可能になります。(承認・棄却については前述の通り)

グループ全体の設定(INFO)について
  • グループモードについて【通常・プライベート・パブリック】
  • グループのプランについて【Silver ・ Gold】
  • グループを解散する
  • グループを分割するメリット
Nipoを手軽にはじめよう
インストール不要ですぐ始められます。
わからないことがあればいつでも聞いてください
機能紹介
Nipo

コメント