日報テンプレートが更に便利になりました。 Ver 4.7.0アップデートニュース| 2019/5/23

スマホ・タブレット・PCで日報が書ける!読める!

function

クラウドWebシステムならではの強みです

icatch

icatch

PCから見たNipoの画面

Nipoはブラウザ上で動作する、Webシステムです。

ブラウザはPCやスマートフォン。そしてタブレットにあらかじめ入っているため、これらの機器でいつでもNipoを利用できます。

ブラウザとは、インターネットを見るために使うソフトです。代表的なものとして、IE(Edge)やSafari・FireFoxなどがあります
インターネット・エクスプローラーは動作対象外です
ブラウザが動作の条件となるので、お使いのパソコンがWindowsでも、Macでも同じように使うことができます。
Macで作った文書が、Windowsで表示が崩れるといった心配もありません。

データをローカルに保存しないからこそできる、日報の一元管理

PCで書いた日報はどこに保存されるのでしょうか?

こたえはNipoのサーバです。PCには一切保存されません。

これがクラウドの特徴です。

サーバにデータが保存されるから、PCで書いた日報をスマートフォンで読んだり。修正したりできます。

同じことですが、会社のPCで書いた日報を、自宅のPCで編集することもできます。

モバイルならもっと便利な専用アプリもあります

icatch

スマートフォンやタブレット専用のNipoアプリもリリースしています。

スマートフォンにもブラウザが内蔵されているため、Nipoを起動できます。

でも専用のアプリのほうが何かと便利なんです。

部下にNipoを教えるときも、スマートフォンからアプリをダウンロードしてもらうほうがきっと簡単です。

android Google playからダウンロード

ios App store

もちろん、Androidアプリで書いた日報をPCで読んだり、修正したりできます。

 

iOS・Androidアプリは細部で微妙に違いがあります

タブレットとスマートフォンの違い

icatch

Android・iOSアプリはタブレットからでも利用できます。

じゃあその違いってなんでしょう?

一番の違いは画面の大きさです。タブレットは画面が大きい分、よりPCに近いレイアウトで表示することができます。

Nipoはレスポンシブデザインで作られているため、画面の幅に応じて見た目が変わります。

ホームページでもよく使われるテクニックですね

NipoはiPad(9.7inchモデル)でPCと同様のレイアウトが利用可能になります

画面の見え方について詳しくはこちらをご覧ください

Nipoを手軽にはじめよう
面倒なアカウント作成もスキップできます
匿名アカウントでまずは気軽にNipoを体験してください
Nipoは導入まで最もハードルの低いクラウドシステムです
機能紹介
シェアする
Nipo

コメント