1名200〜500円でフル機能が利用可能!

大人数(50名以上)でNipoの利用を検討中のお客様へ

日報の活用
この記事は約7分で読めます。

50名という壁について

定期的に頂くお問い合わせの中に、「100名で使いたい」といった、大人数による質問があります。では、Nipoは大人数で使えないのでしょうか?

いいえ。200人でも500人でも利用可能です。

そもそも、50名という制限は「1グループに所属できる最大人数」であり、1会社の上限ではありません。

Nipoは1社という単位でくくっておらず、1グループという単位で管理を行っております。1つの会社で数百人分のアカウント取得も可能です。ただ、1つのグループの上限が「50名」という制限があるだけです。

部屋に置き換えるとイメージしやすいです。建物全体に500人のスタッフがいたとして、会議室に全員集合できますか?多くの場合、500人を収容できる大きな会議室は無いでしょう?でも建物全体には500人を収容できます。全員が同じ部屋にいると、かえって息苦しく、身動きも取れません。

100人でも、200人でも使えます。ただし・・・本当にいいの?

Nipoは操作性や利便性の観点から、1つのグループに所属できる人数を「最大50名まで」としています。だって、「日報」ですよ?仮に500人で日報共有を想像してみてください。自分とあまりゆかりのないプロジェクトの進捗報告や、違う部署の新人が書いた研修内容の日報が飛び交うその様を。

身もふたもない言い方をすれば、自身に関係の無い日報は「情報のノイズ」でしかありません。効率化のためのシステムに「翻弄」されてしまっては、元も子もありません。

だからこそ、Nipoはグループ分けが重要だと信じています。

グループを分けることで、本当に必要な情報だけを知ることができます。ノイズの入る余地が狭くなります。

地方自治権と同じ考え方です。

各グループの日報を1枚のエクセルで合算や集計がしたい

グループ同士の連結はセキュリティ上、そしてNipoの仕組み上できません。もともとグループ同士の連携は想定されていません。

これはNipoの不手際でした。そこで各グループのデータを集計し、1枚のエクセルシートにまとめる第三の手段を提供します。

各グループで日報のデータをCSV形式として出力します。A.csvとB.csvは別のファイルです。連結するツールとして弊社が開発したCSVSCを使ってください。

CSVSCを起動する

複数のCSVファイルをドラッグドロップするだけで、連結された1枚のCSVファイルとして出力することができます。

CSVSCに関する詳しい記事はこちら

 

各グループで同じ日報のテンプレートを使いたい

日報テンプレートのコピー機能を使うことができます。この機能を使うことで、各グループで同じ日報テンプレートが利用できます。グループ毎にテンプレートを作る必要はありません。

そのほかにもこんないいことがあります

グループを分けることで、Nipoの利用料金を安くおさせることが可能です。ボリュームライセンス割引の要件を満たすことで、1グループあたり一定額の値引きを受けることができます。詳しくは、「ボリュームライセンス割引」をご覧ください。

アジャイル開発ならぬ、アジャイル導入?みたいなことができます。最初に小規模で導入して、必要に応じて拡張しやすく、不要になればすぐ削除できます。

実際に100名の組織でNipoを導入する手順です

グループの参加者は最大で50名です。仮に100名の組織でNipoを運用する場合は前述の通りグループをいくつかにわけます。

分け方は自由です。20名・30名・50名で100名にしてもよいし、20名のグループを5個作ってもOKです。部署単位や支店単位で分けても良いし、チーム単位で分けてもよいでしょう。

グループを作ろう

制約は「50名を超えないこと」これだけです。ここでは仮に、「栃木支店」「埼玉支店」「東京本店」で分けてみます。各店舗は50名を超えていないものとします。

グループを3つ作成する

グループを3つ作成した様子です

グループの作成手順については、上図にある「グループを作成」ボタンを押して、名前を入力するだけです。

3つのグループはすべて独立したものです。作成した時点では全てのグループで、あなたが管理者となっています。(グループ作成者がデフォルトで管理者となる)

各グループにメンバーを追加しよう

東京本店のグループに入り、ここで東京本店のメンバーをこのグループに追加してみましょう。東京本店をクリックして入室します。

作成直後のグループは、最初に短い初期設定画面が開きます。この設定はあとから変更できるため、スキップしてOKです。

スタッフのアカウントを追加する

スタッフのアカウントを追加する

スタッフのアカウントはE-mailだけで作成できます。ログイン用パスワードは自動で作成されますが、安全のためログイン後に変更することを推奨します。

アカウント作成について更に詳しく知りたい場合は、「グループのメンバーを管理」を御覧ください。

この手順を繰り返して、メンバーを追加していきます。

グループは無料プランのため、最大で5名までしか使えない状態になっていますがGOLD PLANを15日間限定で無料で利用可能です。(GOLD PLAN GIFT)このサービスによって1グループ最大20名まで拡張されます。また、通常のGOLD PLANは費用が発生しますが、最大で50名まで拡張することが可能です。
この手順を3つのグループで行うことで、100名でNipoを利用することが可能となります。

日報のテンプレートをすべてのグループにコピーする

各グループ毎に、日報のテンプレートを作成してもよいのですが、結構大変です。テンプレートを1つ作成したら、他のグループにはテンプレートをコピーすることで作業を大幅に省略できます。

テンプレートのインポート

テンプレートの取り込みが可能です

取り込み先のグループに表示されるのは、「あなたが現在所属しているグループ」です。最初に東京・埼玉・栃木と、3つのグループを作ったのを覚えていますか?だから一覧にはこの3つのグループが表示されます。

東京で作成したテンプレートを、栃木のグループへ取り込むことで、東京と栃木で同じ日報のテンプレートが利用できます。同様に埼玉へも取り込むことで、3つすべてのグループで同じ日報のテンプレートが利用できるようになります。

テンプレートの取り込みについて詳しくは「日報・チェックシートのテンプレート作成」をご覧ください

各グループの管理者を設定する

各グループの管理者を変更したほうがいい場合もあります。この時点では3つのグループ全部あなたが管理者になっています。

管理者権限を各グループで適切なスタッフに任せることで、メンバーの追加や、テンプレート連番のリセットなどを各グループが独自に行えるようになります。

Nipoの権限は「管理者」「マネージャー」「メンバー」の3種類あります。必要に応じて適切な権限を割り当てましょう。

権限について詳しくは「グループメンバーの管理」を御覧ください。

重複したメンバーの管理

すでに気づいた方もいるかも知れませんが、現在「東京・栃木・埼玉」の各グループに「あなた」が所属しています。最大の人数は単純に考えると50×3=150名ですが、「あなた」が重複しているため、最大人数は148名になります。

では、「あなた」が東京に残り、「栃木」と「埼玉」のグループから脱退しても良いのでしょうか?答えは「どちらとも言えない」です。

グループを作り、メンバーを揃え、日報テンプレートの作成とコピーをする。ここまでで役割を終え、その後の運営は各グループに完全に委ねるのであれば、脱退してもよいでしょう。しかしそれは、すべてのグループをつなぐ司令塔としてのメンバーが居なくなることを意味します。

「自治」を優先するか、「統括」を優先するかで考え方が分かれます。よほど人数が逼迫していない限りは、残しておいても良いと思います。

 

コメント