支店の売上日報を自動集計&グラフ化

エクセルで作った売上日報では限界があります

毎日、各店舗や各スタッフから提出されてくる売上日報を、どのように管理すべきでしょうか?日々増え続けてくる売上日報を、エクセルシートに転記して集計をするのは、あまりにも非効率です。
また、エクセルで日報を作れば転記の必要はありませんが、エクセル日報の管理は煩雑になりがちで、多くのデメリットも抱えてしまいます。例えばデータの受け渡しや、バックアップの作業、支店Aと支店Bのエクセルファイルが別々になるなど、非効率です。
売上日報の数が多くなるほどに集計の業務負担は増し、入力ミス、転記ミス、集計ミスといった可能性も増加します。
解決策として例えば売上日報の集計は、nipoですべて自動化することができます。

全支店の売上日報を一括管理

各支店の売上日報をnipoで統一することで、支店ごとに作られたエクセルファイルから解放されます。すべての支店は一元管理できるようになります。売上日報の業務を大幅に改善できることでしょう。
更に、エクセルで作ったで売上日報を集計するよりもずっと簡単にデータを集計、分析、グラフ化できます

日報のグラフとデータテーブル
日報のグラフとデータテーブル。この図は個人名ですが、各支店ごとにアカウントを作成すれば、「埼玉支店」「群馬支店」「栃木支店」のようにすることができます