スマホで日報を作成しよう

日報を書くためにわざわざPCを起動する必要はありません。みんなが使い慣れているスマートフォンで、手軽に日報の作成が可能になります

かんたん!スマートフォンで業務の日報作成

iPhoneからNipoを起動した様子。画面幅に応じて日報のレイアウトが変わります。本来2列だった日報が1列に変わっています

「日報を書くために、パソコンに向かうのはめんどう・・・かんたんにできないの?」

日報は毎日書きます。ちょっとした手間でも、毎日になると大きな負担です。
では、スマートフォンで日報を書くというのはどうでしょう?
いつも持ち歩いているスマートフォンから日報が書けたら便利だと思いませんか?使い慣れたスマホなら、パソコンが苦手なスタッフでも安心です。
スマートフォンはパソコンよりもずっとかんたんに使えるので、スタッフさんたちの負担も軽減できます。 Nipoでスマートな日報業務をはじめてみませんか?

スマートフォンに適した日報テンプレートを活用する

スマートフォンは長文の入力が苦手ですが、タップ操作は得意です。選択肢パーツやスライダーなどをうまく活用することで、スマートフォンやタブレットからの日報作成がよりスムーズに行えるようになります

パソコンとスマートフォンでは操作性が全く違います。
キーボードやマウスが無いスマートフォンは、文字の入力がPCに比べて劣ります。しかし手軽さや、タップによる直感的な操作はPCよりも遥かに優れています。
入力の負担も工夫次第で削減できる点に注目してください。Nipoでは文字入力を減らす工夫があります。
例えば一覧から選択するだけで入力できる選択肢や、シングルタップで入力できるチェックボックスなどを活用してみましょう。
スマートフォンからでもストレス無く日報の作成ができるようになるはずです。

スマートフォンにこそ最適なパーツもあります

スマートフォンはタッチパネルに対応しています。また背面にはカメラも搭載されています。
これらの機能を最大限似活用できるNipoのパーツとして、写真手描きメモ署名といったパーツも用意されています。 スマートフォンはこれらの機能を最大限に活用できるデバイスです。

スマートフォンとパソコンの連携もかんたんです!

外出先から日報を読んだり、書いたりできるフットワークの軽さはパソコンには真似できません。
そんなスマートフォン、とっても手軽で便利ですが、画面が小さいのが玉にキズ・・・。
そんなときは、スマートフォンとパソコン(タブレット)を組み合わせて使ってみましょう。スマートフォンで作成された日報は、画面の大きなパソコンやタブレットで読むことが可能です。
日報の集計や、印刷といった機能も、パソコンから行うことができます。

スマートフォン単独でも、日報のPDF出力集計は可能です。
しかし画面の小さなスマートフォンでは、集計結果をエクセルに出力した結果を読むのは少し不便です。細かな作業はパソコンを活用しましょう

モバイルの強みと弱点を使い分ける

たとえば、スマートフォンとタブレットではこんなに大きな差が生まれます
同じ日報をそれぞれ異なるデバイスで表示した様子。画面が大きいほどたくさんの情報が表示できます(左:iPhone8/右:iPad(9.7inch))

スマートフォンとPCそれぞれのデバイスを想定して、実際に日報を作成するときにはどのくらいの差がうまれるのでしょうか?
実際にモックを用意してみました。上が一般的なPCから日報を書くときの画面で、下がスマートフォン(iPhone8を想定)の例です

PCから入力する場合の日報はこのように見えます

本日の現金売上高
本日の社用車による移動距離
Km
本日の得意先訪問件数
undefined
業務終了時点で表示中のランプを選んでください
業務内容などなど
※文字エリアは集計不能ですが、CSV出力は可能
同じ日報の入力画面ですが画面幅の狭いスマートフォンだと次のように表示されます

スマホだとこのようになる

本日の現金売上高
本日の社用車による移動距離
Km
本日の得意先訪問件数
undefined
業務終了時点で表示中のランプを選んでください
業務内容などなど
※文字エリアは集計不能ですが、CSV出力は可能

スマホアプリは画面の小ささ故に初期設定は不得手です

前述の通り、画面の大きさはそのまま情報量の差となり、操作性にも直結します。
画面幅の小さいスマートフォンから、日報のテンプレートを作成するのは操作性の面からおすすめ出来ません。

最低でもテンプレート作成までは、画面の大きなPCからの操作をおすすめしております。
スマートフォンの導入はテンプレート作成後にしましょう。

スマートフォンアプリはお膳立てが済んでから導入してください。

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動