匿名アカウントとはE-mail・パスワードを登録しないアカウントのことです

Nipoを手軽に試したいときは一時的な仮アカウントを発行できます。これを匿名アカウントといいます。 匿名アカウントではE-mailもパスワードも不要です。それでもNipoのシステム上は1つの正式なアカウントとして認識されます。
匿名アカウントとしてログインするには、「アカウント無しで使う」をクリックするだけです

匿名アカウントは一時的なIDが発行されて割り当てられます。E-mailやパスワードなしで簡単にNipoを体験できますが、継続利用には本アカウントへ昇格をしないと、万が一接続が切れた場合に復旧できなくなります。

匿名アカウントを正式なアカウントへ昇格する

匿名アカウントの目的は「手軽なお試し」です。お試しの結果Nipoが気に入ってもらえて、継続して利用しようと思ったら必ず正式なアカウントへ昇格してください。
前述の通り、匿名アカウントは非常に不安定な状態です。様々な要因でログインの接続が途切れると、その匿名アカウントへ戻すことはできなくなります。
匿名アカウントの方は常時オレンジバーが表示されています。ボタンをクリックして次の画面へ進んで下さい

匿名アカウントで利用中は常にオレンジの警告バーが表示されます。「本アカウント昇格」ボタンをクリックしてアカウントを昇格してください

匿名アカウントにE-mailとパスワードを紐付けする

正式なアカウントには「E-mail」と「ログイン用のパスワード」が必要です。E-mailとパスワードを入力することで、ご利用中の匿名アカウントに紐付けが完了します。

匿名のアカウントを正式なアカウントへ昇格するには、ログイン用のE-mailとパスワードを新たに設定する必要があります
これで匿名アカウントから正式アカウントへ昇格しました。通常のアカウント同様に、E-mailの認証を行って下さい。
気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動