スタッフをグループから追放する(退職や異動で使います)

メンバーをグループから追放できます。追放したいメンバを選択後「追放」ボタンをクリックしてください

追放すると、いくつかの変化が起きます

  • 日報の削除や日報の修正は、オーナー不在のためできなくなります(一括削除による削除は可能)
  • 再度グループ招待の手順を踏むことで、再びメンバーとして復帰することも可能です
  • 復帰したメンバーは日報のオーナー権がそのまま引き継がれます
  • 一部の個所で脱退したメンバーの名前が【退室済み】に変わります
気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動