2019/01/11 新料金プラン登場ですっ

グループのメンバーを管理する

admin

メンバーをグループに追加する

日報をやり取りする相手をグループにメンバーとして追加しましょう。

メンバーの追加はアカウントを代理で作成する方法と、既に存在するアカウントのメンバーをグループに招待する方法の2通りあります

管理者がアカウントを代理で作成する

Nipoを利用するためのアカウントを管理者が代理で行います。この手順はアカウントの作成とグループへの招待が自動で同時に行われますアカウントの作成

部下のアカウントを作るには、メールアドレス・パスワード・名前が必要です。

ログインパスワードは部下が後から変更できます。パスワードの変更
代理とはいえ、作成されるアカウントは独立した1つのアカウントです。そのため、すでに登録されているメールアドレスは利用できません

無事に作成できたら、ログイン情報を部下に教えてあげましょう。

部下のアカウントでログインすると、すでにグループに参加した状態でNipoが始まります

既に存在するアカウントをグループに招待する

既存のアカウントを当該グループに招待することが可能です。

招待する側と、招待される側双方で操作が必要です。

招待する側の画面

招待者(グループの管理者)は下図の画面を表示し、招待する相手に応じて対応してください
グループへの招待

グループのパスワードはこの時点で漏洩します。安全性を重視するには定期的にグループのPWを変更してください。

招待される側の画面

グループ一覧画面の下部にある「グループに参加」ボタンを押してください
グループに参加する

その後に表示される画面は以下のようになります
グループに参加するIDとPW入力画面

正しいIDとPWが入力されていれば、グループのメンバーに加わることができます。

カメラが利用できる機器の場合、ピッってスキャンするだけで入力が完了します

メンバーの追放

メンバーをグループから追放できます。管理者権限が必要です。

追放は簡単です。追放したいメンバの「追放」ボタンをクリックするだけです。

詳しくは下図をご覧ください

メンバーを追放する

追放すると、いくつかの変化が起きます。箇条書きにしてみたのでご確認下さい

  • 日報の削除日報の修正は、オーナー不在のためできなくなります
  • 再度グループ招待の手順を踏むことで、再びメンバーとして復帰することも可能です
  • 復帰したメンバーは日報のオーナー権がそのまま引き継がれます
  • 一部の個所で脱退したメンバーの名前が【退室済み】に変わります

管理者権限を他のメンバーに譲渡する

グループの管理者権限を他のメンバーに譲渡することができます。

1グループに管理者は1名存在します。

権限を譲渡するには、譲渡したいメンバーに「管理者権限移譲」ボタンをクリックするだけです。

詳しくは下図をご覧ください

管理者権限を委譲する

委譲ですので、あなたは管理者ではなくなります

コメント