2019/01/11 新料金プラン登場ですっ

日報・チェックシートを構成するパーツについて

admin

様式に使える各種の項目

日報の様式は項目の組み合わせで作成されます。

項目を重箱のように積み重ねることで、1つの様式が構成されます。

重箱イメージ

このページでは、日報の様式を構成する項目について1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

1行テキスト

日報様式パーツ-1行テキスト

名前や住所など改行不要で入力できる項目にピッタリです

その名の通り、1行だけ入力可能な項目です。

改行を入れることができないため、比較的短い文を入力する際に適しています。

例えば「人名」や「住所」「管理番号」などの入力に適しています

 

数値

日報様式パーツ-数値

売上高や架電件数など数値化できるデータ入力に適します。後で集計やグラフ化も可能

数値項目は、数値のみの入力が可能です。(整数・負数・小数点が指定可能です)

この項目の特徴は、集計され、グラフ化の対象となることです。

設定項目が多数あるため、1つづつ見ていきます

上段:初期値エリア

様式作成時にこの値を指定することで、日報作成時に自動で初期値としてセットされる値です。

初期値が不要なら、空欄にしておきます

中断:単位

数値の単位です。初期値は「円」

日報作成時やグラフ表示の際に表示されます。

下段:補助科目

内訳が必要な場合は補助科目を利用して下さい。

画像の例では、「店舗売上」という大きな枠の中に、「物販」と「サービス」の内訳がある状態です。

なお、補助科目の合計が一致する必要はありません。

複数行テキスト

日報様式パーツ-複数行テキスト

オーソドックスな入力フォームです。

通常よく使われる、普通のテキスト入力エリアです。

文字の入力や色変え・マスクがけなどができます。

「業務内容」や「ひきつぎ」など、さまざまな項目として使える最も一般的な項目と言えます

 

 

日付

日報様式パーツ-日付

カレンダーから日付を選択するだけで入力できます

日報の中に日付を入力する際に活用して下さい。

上図のように、カレンダーから日付をピックアップする形式での入力となります。

初期値が「本日」になるため、初期値を固定することができません。

なお、日報の提出日については日報様式とは別に用意されているので、提出日のためにこの項目を用意する必要はありません。

日付は西暦のみ対応です。

 

時刻

日報様式パーツ-時刻

アナログ時計から時刻を選択します。スマホやタブレットと相性が良いです

上図のように、時計を模した画面をクリックして入力します。

日報作成時の時刻が初期値として設定されるため、初期値の設定はできません

時刻は24時間表記のみ対応です

 

選択肢

日報様式パーツ-選択肢1

選択肢から1個だけ選択して入力する形式です

あらかじめ回答を用意しておき、日報作成時に該当するものを1つだけ選ぶことで入力できます。

スタッフの日報作成の手間を減らせます。

また、イレギュラーな文字を入力されることがないため、日報の読み手にとっても安心できます。

例えば「天気」を書く場合にこの項目は便利です。「晴れ・曇・雨」を用意しておけば、入力するスタッフも簡単です
検索の対象とはなりますが、ハイライト表示されません

選択肢(複数解答)

日報様式パーツ-選択肢2

複数回答が可能な入力フォームです

回答をいくつか用意しておき、その中から複数選択することで回答できます。

検索の対象とはなりますが、ハイライト表示されません

 

チェックボックス

日報様式パーツ-チェックボックス

チェックボックス

チェックボックスは「はい・いいえ」の回答が簡単にできる、便利な項目です。

見た目もわかりやすく、誰でも簡単に操作できます

入力必須の指定がされた場合、チェックがONになっていないと、提出ができません。

 

レート

日報様式パーツ-レーティング

星の数は2〜10個の間で選択できます

オンラインショップなどでよく見かける、商品レビューの評価です。

一般的には5段階評価ですが、Nipoは2〜10の間で設定可能です

 

写真

日報様式パーツ-画像

日報に画像を添付できます

タブレットやスマートフォンで撮影した画像を添付したり、PCに保存されている画像データを添付したりできます。

対応ファイルはJpeg・Pngになります。

画像をNipoのサーバにアップする前に、画像の圧縮処理が行われ通信量を削減しています。

圧縮されると、画像の容量はおおよそ100KB程度になります。

手描きメモ

日報様式パーツ-canvas

タブレットと相性が良いです。スマホでは画面が小さいため推奨しません

iPadやSurfaceなどの、タッチパネルが使える場合に便利な項目です。

シンプルですが、指でスラスラとイラストや文字が描けます。

キーボード入力が苦手な方や、図・イラストを日報に付与したい場合におすすめです

描いたイラストは、ご利用のデバイスによってサイズが自動で変わります。

 

 

コメント