10ヶ月ぶりのメジャーアップデートです!Version4 Release

日報・チェックシートの修正と削除

icatch

不要な日報・チェックシートを削除

会社の業務で作成する日報や、業務チェックシートは蓄積していくものです。そのため削除することは、あまりありませんが、例えば誤って2通作ってしまった場合など、本当に不要なら削除しましょう。

不要な日報・チェックシートを削除する

不要な日報・チェックシートを削除する

削除は簡単です。削除したい日報を表示し、「削除」を押してください。日報やチェックシートを削除できるのは作成したオーナー本人だけです。たとえ管理者であっても削除はできません。

すでに承認された日報やチェックシートは修正・削除できません

 

日報・チェックシートの内容を修正

日報が棄却されたときや、下書きのままになっている日報を正書するとき、日報の修正機能を使います。

下書きの修正は別途、専用の章を設けて解説していますのでそちらをご覧ください

修正したい日報を開いて、「修正」ボタンをクリックすると、下図の画面に切り替わります
修正モードで内容を修正する

修正モードで内容を修正する

画面の見た目は、日報・チェックシートの新規作成画面とほとんど同じです。使い方もほとんど同じですが、少しだけ相違点があります。例えば画面上に「日報の修正」と表示されている点もその1つです。

修正では、すでに書かれた内容がコピーされています。文書などの場合はキーボードから入力して直しますが、手描きのイラストが含まれている場合はその画像をそのまま再利用するか、再び書き直すか選びます。(前の手描きイラストに追記はできない)

誤っている箇所を手早く修正して、再提出してしまいましょう。内容を書き換えて「修正完了」ボタンをクリックします。修正することで次のような変化が起きます

  • 日報・チェックシートのステータスが「審査前」に戻ります。提出先のメンバーは再び「承認・棄却」を行って下さい
  • 既読していたメンバーが全員「未読」に戻ります。共有先のメンバーは再び「既読」を行ってください
  • メール通知を有効にしている場合、当該日報に関係のあるメンバーに対してメール通知が行われます
  • 修正された日報・チェックシートが受信BOXの先頭に表示されます

下書きを正書にする

日報を下書きとして保存した日報は修正機能を使って修正します。下書きを正書にする際は、「下書き」のチェックを外してください。

下書きのチェックを外して提出する

下書きのチェックを外して提出する

このチェックがONのままでは、ずっと下書きのままで、提出先に日報が届くことはありません。また、システム上、下書きした日報は「修正版」として提出先に届きます。下書きから正書にする際、日報の日付を修正するか確認が入ります。これは日報が下書き時の時刻で保存されるためです

 

Nipoを手軽にはじめよう
面倒なアカウント作成もスキップできます
匿名アカウントでまずは気軽にNipoを体験してください
Nipoは導入まで最もハードルの低いクラウドシステムです
操作ガイド
Nipo

コメント