日報テンプレートが更に便利になりました。 Ver 4.7.0アップデートニュース| 2019/5/23

用語解説

icatch

nipoはできるだけ平坦な言葉を使って表現するように心がけていますが、どうしてもわかりにくい用語もでてきます。
ここでは、nipoで使用されている用語をまとめました。

グループ
日報のやり取りを行う場所のことを言います。グループは複数作成でき、自由にグループを切り替えて使い分けることが可能です。各グループには、グループ毎に一人の「管理者」と複数名の「メンバー」がおり、グループ毎に独立した日報のテンプレートがあります。
それぞれのグループは独立した自治権をもっていると考えてください。
管理者
グループに必ず1名だけ存在します。管理者は「日報テンプレートの作成と編集」「メンバーの追放」「グループの解散」「管理者権限の譲渡」といった、グループ運営に重要な影響を与える処理を行うことが可能です。 詳しくは「管理者のガイド」をご覧ください
メンバー
グループに参加しているユーザを、そのグループの「メンバー」と呼びます。グループの中で、メンバー同士が日報のやり取りを行います。部下A・部下Bと上司Aが日報をやり取りしたい場合、この3人をグループのメンバーにする必要があります。
なお、管理者もグループの「メンバー」として扱われます。
日報テンプレート
日報を作成するために必要なひな形を日報テンプレートといいます。フォーマット、テンプレート、雛形、と呼ばれているものと同義語です。
日報テンプレートはグループ内で作成し、そのグループのメンバー全員が共有して使います。各グループでは、20種類までの日報テンプレートが保存できます。日報テンプレートを元に日報が作成されます。
日報
日報テンプレートを元に、日報が作成されます。タイトルや入力項目などの枠組みが日報テンプレートで自動的に作成されるため、日報作成者は空いている所定の枠に文字を入力することで日報の作成ができます。
作成した日報は提出先と共有先に届けられます。それ以外のメンバーは日報を読むことができません。
日報は「審査前」「承認」「棄却」この3つの状態のいづれかの状態を持っており、日報の提出先がこの状態を変更できる唯一のメンバーです。
また、日報に対してコメントを書くことや、日報をPDF化して保存、印刷、メール送信といったことも行うことが可能です。
作成者
日報を作成したメンバーを「作成者」といいます。オーナーと同意語です。作成者は自分の日報に対して、修正削除コメントの付与が可能です。また、修正した日報は提出先の画面上部に掲載されます。状態は自動で「審査前」に戻ります。
共有先
日報作成時に、共有先にメンバーを含めた場合、その日報を読むことができるようになります。同じ日報を複数人に提出する必要がある場合において、
nipoは提出先を1名までしか指定できません。そのための救済機能です。提出先と違い、共有先は日報の承認や棄却ができません。また、日報の集計分析もできません。
同僚たちでお互いに日報をシェアしあうような、オープンな風土の運営方針では共有先機能が役立つはずです
提出先
日報を送る相手メンバーを「提出先」といいます。1つの日報に対して、提出先は必ず1つだけ指定する必要があります。提出先は、日報の承認や棄却ができる上に、日報のデータ集計、グラフ化ができます。nipoでは日報の提出先を複数指定できません。同じ内容の日報を複数のメンバーに送る必要がある場合、共有先機能を使ってください。
ベータ版機能
試験的に導入された機能です。将来的に廃止されたり、内容が変更になる可能性があります
Nipoを手軽にはじめよう
面倒なアカウント作成もスキップできます
匿名アカウントでまずは気軽にNipoを体験してください
Nipoは導入まで最もハードルの低いクラウドシステムです
操作ガイド
シェアする
Nipo

コメント