日報を削除する

会社の業務で作成する日報や、業務チェックシートは蓄積していくものです。そのため削除することは、あまりありませんが、例えば誤って2通作ってしまった場合など、本当に不要なら削除しましょう。

自分の書いた日報を削除する

削除の手順は次のとおりです

  • 送信BOXをクリック
  • 削除したい日報を開く
  • 削除ボタンをクリック

日報が削除できない場合

すでに承認された日報やチェックシートは修正・削除できません。

どうしても削除が必要な場合は、提出先のスタッフに連絡して当該日報を一度「棄却」にしてもらう必要があります

日報を削除する事による影響範囲

データをNipoのサーバ上から削除することにより、いくつかの影響を受ける機能があります。具体的には次のとおりです

  • 集計機能の結果が変わります
  • 削除した日報は受信BOX/送信BOXから見れなくなります
特に「集計」は合計値だけでなく、ランキング表示の順位なども変動する可能性があります

削除してもタイムカードの集計には影響しないよ

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動