日報テンプレートを作成しよう

さっそくテンプレートを作成してみましょう。テンプレートの作成画面を開きます

step3の「サンプル日報をクリック」がない場合は、「テンプレート追加」ボタンをクリックして新規作成しましょう。

テンプレートの編集画面

テンプレートの編集画面は下図のようになっています

日報テンプレートに必要なパーツを取り付けていく

業務で使いたい日報のテンプレートをイメージして下さい。紙に書いてみるのもいいかもしれません。
できましたか?そのイメージを元に、左側のパーツリストから必要なものをクリック(またはドラッグ)で追加してみましょう

作成したテンプレートを保存する

テンプレートの編集は自動保存では有りません。そのため編集が終わったら忘れずに保存をして下さい。

これでテンプレートの作成が完了です。お疲れ様でした


より詳しいテンプレートの編集ガイド応用編

ここより先は補足説明や応用的な内容になります。無理に読む必要は有りませんが、軽くスクロールしてもらえると嬉しいです

テンプレートのタイトルについて

テンプレートのタイトルは日報作成時の一覧見出しに使われます。
テンプレートが複数ある場合、テンプレートの名前順に並ぶため、頻繁に利用するテンプレートは名前を工夫して上に来るようにするとより効率よく業務が行なえます

未入力による提出を不可能にする(入力必須の設定)GOLD PLAN限定

パーツによっては入力必須を指定できます。

実際に日報作成時は次のようになります▼

2列目に項目を結合する(項目の連結)

テンプレートの右側に項目を配置するには、クリップのアイコンをクリックしてください。

連結は2列までです。また、連結を解除するには右側に配置された項目にある「クリップのスラッシュ」ボタンをクリックしてください。

連結すると削除や並べ替えも一緒に行われます。

項目のコピー

選択肢パーツなど、設定項目が多いパーツで有用です。選択肢を追加した状態でコピーすると、選択肢も含めてコピーされます。

ソート(項目の並べ替え)

項目の並び順をかえます。このアイコンをドラッグ&ドロップしてください。並べ替えする行が連結されている場合、連結された子のパーツも含めて並び変わります。

項目削除

項目を削除します。既にこのテンプレートを使って日報が作成されている場合、過去の日報にさかのぼって当該項目が削除されます
(詳しくは日報テンプレートの編集と削除を参照)
行単位での削除のため、連結された項目も併せて削除されます

テンプレートの説明

日報・チェックシート共通。実際に日報を作成するメンバーが迷うことのないように、テンプレートに対する説明書きを残して下さい。
いつ、書くのか・日に何回書くのかといったルールなども記載するとより親切でしょう

文書連番の接頭語(プレフィックス)について

作成された日報には自動で連番が付されます。必要に応じて連番に接頭語をつけることができます。
なお、連番をリセットすると0からスタートです。月初や年始といったタイミングでリセットすると、今月何件書かれたかを把握しやすくなりますね

チェックシートの作成手順

チェックシートのテンプレート作成は、日報のテンプレート作成とほとんど変わりません。 唯一の違いは、チェックシート式をONにすることだけです

なお、実際にプレビューするとこうなります チェックシート編集画面では、項目名が50%、値入力エリアが50%の割合に変わります。 編集画面のため操作性を考慮して50%づつになりますが、実際にチェックシートとして入力する際は、70%対30%に変わります。
また、チェックシートモードは項目の連結機能が使えません。1行につき1項目となります。

日報の初期値をセットする

日報作成するときに、最初からデータが入っていると日報作成者はすこしだけ楽ができます。 全体の労力を減らすためにも、設定してみましょう。 まずは、下の画像を見てください

初期値の設定が可能なパーツと、不可能なパーツがあります。詳しくは項目紹介のページをご覧ください

こちらもあわせてどうぞ

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動