数値(集計可能)-日報のテンプレート用パーツ

数値項目は、数値のみの入力が可能です。(整数・負数・小数点が指定可能です) Nipoを初めて使うと、サンプルのテンプレートで「売上」と「走行距離」の項目として使われているのがこの「数値パーツ」です
この項目の特徴は、集計され、グラフ化の対象となることです。数値パーツには類似の「スライダーパーツ」もあります。

入力された数値を集計する

このパーツの最大の目的は「集計」です。売上高や仕入高など数値として入力したデータが集計できます。 グラフ化したりランキング形式で表示することも可能です。詳しくは日報を簡単に集計するを御覧ください

補助科目について

内訳が必要な場合は補助科目を利用して下さい。例えば、「店舗売上」という大きな枠の中に、「物販」と「サービス」の内訳がある状態です。 なお、補助科目の合計が一致する必要はありません。 基本的に補助科目は集計の対象になりません。あくまでもおまけ程度の機能として認識してください。 なお、CSV出力の際はきちんと1つのフィールドとしてエクセルに出力可能ですので、集計や並べ替えはエクセル上から行うことが可能です

実際に入力を体験してみましょう。まずは設定画面

設定

実際にスタッフが日報を書くときのイメージはこちらです

日報の入力例(実際に動かして体験できます)

例:売上高
入力必須

こちらもあわせてどうぞ

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動