スライダー入力(範囲)を日報に組み込む(集計対象外です)

数値の範囲入力パーツです。最小値と最大値を設定します。スライダーの左端が最小値、スライダーの右端が最大値になります。1つのスライダーには2つのハンドルが用意され、特定の範囲をスライダーで入力することが可能です。 スライダー(刻み)と異なり、本パーツで入力されたデータは「集計」されません。CSV出力でエクセルに書き出した場合、「1〜5」のように文字として入力されます。 最小値・最大値を計算式などで利用したい場合、LEFT関数、FIND関数あたりを利用して分割すれば数値データとして加工できます

実際に入力を体験してみましょう。まずは設定画面

設定

実際にスタッフが日報を書くときのイメージはこちらです

日報の入力例(実際に動かして体験できます)

例:なにかの範囲
1
10

こちらもあわせてどうぞ

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動