タイムカード(勤怠管理)機能を使う

タイムカードとは、従業員の労働時間を把握するための打刻システムです。実際に紙に印字するものもあれば、バーコードで入力するタイプのものや、キーボードで直接入力するものなど様々なタイプがあります。
入力の方式は様々ですが、タイムカードの目的は「従業員の労働時間を把握する」ということです。タイムカードに記載された時間をもとに労働時間が計算されます。
日報アプリがメインのため、タイムカード機能はどちらかというとオプション扱いとなります

タイムカード機能を有効化する

初期状態ではタイムカード機能が無効になっています。タイムカード機能を有効化してください
全体設定から「タイムカード」のスイッチをONにするだけで有効化されます

テンプレートにタイムカードパーツを埋め込む

Nipoでタイムカードを利用するには、日報テンプレートタイムカードパーツを追加します。
複数のテンプレートを使い分けている場合は、1日1回以上使用されるテンプレートにタイムカードパーツを付けることをおすすめします。
例えば「月報」と「日報」があれば、この場合「日報」にタイムカードパーツを付けてください。

タイムカードの管理者を決める

誰でも自由に全員のタイムカードを操作できる状況はあまり望ましくありません。
Nipoでは一般の方は自分のタイムカードに対してのみ、「作成」「閲覧」「修正」が可能です。
それとは別に、全員のタイムカードを見たり修正したりできる管理者が必要になるはずです。(グループの管理者とは別です)
タイムカードの管理者は「全体設定」のメンバー管理から設定できます

タイムカード管理者は、以下のことができるようになります

  • 出勤退勤時間の丸め(端数処理)など、設定に関する全て
  • 自分以外のタイムカード閲覧(通常は自分以外のタイムカードは閲覧できません)
  • タイムカードの削除

タイムカードに関する丸めなどの設定を行う

ここから先は応用編です。いつでも変更可能なので、少し慣れてからでも問題ありません。
出勤時間の丸め、退勤時間の丸めや、超過労働の基準時間を設定できます。この設定は前述した「タイムカード管理」に設定されたスタッフしか操作できません。

設定はオートセーブです。変更すると即時保存され、集計結果は自動で再計算されます。

各日で端折りについて

指定した時間単位でタイムカードの値を丸めることができます。出勤時と退勤時の2種類でそれぞれ設定可能です。出勤時の端折りでは、指定した刻み時間まで出勤時間が遅れます。
例えば8時41分にタイムカードが押されたとして、出勤時の切り上げを10分とした場合、集計上の値は8時50分となります(9分切り上げられる)

退勤時の端折りでは、指定した刻み時間まで退勤時間が早まります。
例えば18時13分にタイムカードが押されたとして、退勤時の切り下げを10分とした場合、集計上の値は18時10分となります(3分切り捨てられる)

合計の端折りについて

集計した期間の合計値に対して、切り下げを行います。例えば3月21日〜4月20日までの合計労働時間が181時間51分で、切り下げを30分とした場合、集計上の値は181時間30分となります。(21分の切り捨て)

1日あたりの超過時間

1日にこの基準を超えると超過労働となり、集計上の「超過」に値が蓄積されます。単位は「分」となり、初期値は480分です。(8時間=480分)

締日の設定

この機能はアンロックが必要です

指定した日付を締日として、集計期間を自動セットします。初期値は月末です。 「5日・10日・15日・20日・25日・月末」から選択できます。例えば25日を選択すると、当月の26日〜翌月の25日までの期間で集計が行われます

タイムカードのデータをエクセルで開く

「CSVダウンロード」ボタンをクリックすると表示されているタイムカードのデータがそのままCSVでダウンロードできます。

タイムカード機能のアンロックについて

全ての機能が無料で利用可能ですが、タイムカードの集計に表示される日報は7件までとなります。超過分については表示されません。
この上限を解除するには、タイムカード機能のアンロックを購入していただく必要があります。
アンロックは売り切りのため、一度の購入で永続的に(Nipoのサービスが終わるまで)ご利用可能です。
お支払いは現在、請求書発行による口座振込のみとなります。

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動