すべての日報を一括でCSV出力

集計・分析機能があります。

CSV一括出力とは

通常の集計機能から取得できるCSVは1種類のテンプレートしか取得出来ません。
テンプレートが10種類あると、10回同じ操作が必要となり、あまりにも非効率的です
一括CSV出力はこの問題を解決するために実装されました。
Aというテンプレートで書かれた日報も、Bというテンプレートで書かれた日報も、全て一度にCSVとしてダウンロードできます。

面倒くさい!って思う気持ちが便利を生み出します。

CSV一括出力を有効化する

CSV一括出力は初期状態で無効化されています。全体設定から「機能管理」の項目を見つけて、一括CSV機能を有効にしてください。
詳しい手順は下図のとおりです

一括CSVを使ってみる

この機能は目的が1つしかないため、画面が非常にシンプルです。設定項目は
  • 書き出したい期間
  • 書き出したいテンプレートの種類
2種類だけです。設定を済ませたら「ダウンロード」ボタンをクリックしてください ダウンロードされたファイルは「csv.zip」という名前になっています。
このZipファイルを開くと、中にはテンプレートごとに分けられたCSVファイルが格納されています

テンプレートによって項目がバラバラだから、CSVも分けて出力されるよ

複数のCSVファイルを1つに連結する

同じ形のテンプレートを複数種類使っている場合は、これらを1つのCSVにきれいに連結することも可能です。
例えばテンプレートのコピー機能を使って同じテンプレートを複数使う場合などに有効です。 ここからはNipoではなく、弊社が無償で提供しているCSV連結ツールを使ったやり方になります。

CSVはただの文字データなので、他にもやり方は色々あるよ

さて、CSVSCは複数のCSVを登録したとき、1行目の列見出しに注目します。列見出しが同じ文字であれば、CSVSCは両者を同じ列と認識します。
NipoではCSVに出力する際、1行目の列見出しは、日報テンプレートの各見出しに相当するため、見出しの名前が一致していれば同じ列として出力可能です

上の図で言う、赤色の箇所さえ揃えればいいってことだね

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動