日報をPDFへ変換できます。スマホからもOK

Nipoの大きな特徴の1つにPDF変換があります。日報アプリで作成された日報をワンクリックでかんたんにPDFへ変換できます。
スマートフォンやタブレットからも直接変換可能です。PDF表示可能なアプリがあればそのまま表示もできます。

出力される日報の実際のPDFデータです

日報テンプレートのデザインを崩さずにそのままPDFに変換できます。サイズは最も一般的なA4です。
出力の向きを変更すれば「A4縦」または「A4横」として出力が可能です。上のサンプルは全く同じ内容の日報ですが、向きが変わることで見え方も結構変わる様子が伺えます

PDFのメリット

PDFファイルは日報ととても相性が良いです。なぜならPDFの持つ特徴と日報の用途がマッチしているからです。PDFの特徴をちょっとリストアップしてみました。

  • 印刷してもレイアウトが崩れない
  • 電子署名することで改ざんを防止できる
  • メールで送信ができる
ビジネスのシーンに着目すると、「請求書」や「見積書」といったファイルをメールで送る際、PDF化されたものを送ることがおおいでしょう。
なぜなら上記のメリットにより、「請求書」などはPDFが適しているためです。内容の書き換えもWordに比べて行いにくいのも特徴です。
PDFは読み取り専用。永久保存としての側面が強いため、ビジネス文書(日報も含めて)ととても相性が良いのです。

専用ソフトを使って編集は可能のため、改ざんを100%防ぐわけではありません。改ざんを防ぐには電子署名をつける必要があります

PDFに変換する手順

日報をPDF化するのは簡単です。「PDF化したい日報を表示してPDFダウンロードボタンをクリック」これだけです。

PDF化された日報をコンピュータに保存

PDF出力をすると、あなたのPCに日報PDFが保存されます。
Windows/Macでご利用の際、ファイル名は「nipo-20180921_11時54分.pdf」のようになります。
日付がファイル名になるわけですが、この日付は「日報が提出された日時」となります。

スマートフォン専用アプリでも、PDF変換が利用できます。
画像はiPhone 8から日報をPDFに変換した様子です。
画面は小さくても、ちゃんとPDFになっていますね。
このあとは、メールに添付して送信したり、プリンターがつながっていればそのまま印刷したり。
アプリによっては、メッセンジャーアプリに添付することも可能です 上図は、開発者上田のiPhone 8を使ってPDF変換を行った様子です。ファイル名など一部PC版と挙動が異なります。

日報をPDF化する上での注意事項や制限について

一般的に使用される文字、記号が利用できます。ひらがな・カタカナの他、ローマ数字なども利用できます。
漢字についてはJIS第一水準でサポートされている漢字は全てサポートしております。JIS第一水準についてはこちらを御覧ください。
サポート対象外の文字を利用すると、PDF化した際に・(中黒)として表示されます

これまでの要望で【藝框澤諫廣邨條氣翔淺錢稟厦邊邉絨毯遽】が別途サポートされているよ

  • 数値パーツの補助科目については印刷の対象外です。
  • チェックボックスはWeb上のデザインと異なる形で印刷されます。具体的には、チェックアリの場合、[ x ]と印刷されます。チェックが無い場合、空欄の[ ]になります。
  • A4用紙1枚に収まらない場合、複数枚に分けてPDF化されます
  • 日報本文中の「マスク掛け」は適用されません

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動