nipoはクラウド&グループウェアの日報管理システムです

クラウド

日報管理システムのnipoは、売上日報や報告書のデータをすべてWebサーバ上に保管します。この仕組みはクラウドと呼ばれ、様々なメリットがあります。
また、Webサーバ上から複数人で同時に利用でき、情報の共有がスムーズになります。こういった情報の共有ができるソフトのことを、グループウェアと呼びます。

日報を【 クラウド 】化するメリット

日報をクラウド化することで、データを社内で共有したり、場所を問わずに日報を提出したり、様々な利便性が生まれます。

どこからでもデータにアクセスできる

これまで、必要なデータはPC本体(ローカル)に保存していました。データを持ち運ぶためには、一昔前であればフロッピーディスクや、最近ではUSBメモリを使ってデータを持ち運ぶ必要がありました。
しかし、クラウドではこの「持ち運ぶ」という考え自体が無くなります。なぜならデータはクラウド(=WEB上)に保存されているため、インターネットに接続できれば、どこからでも必要なデータにアクセスができるからです。
会社のパソコンで作成したデータをクラウド上に保存すれば、自宅のPCからもアクセスできるし、スマートフォンやタブレットからも、アクセスができるのです。
そこにUSBメモリなどは、一切出てきません。

パソコンが壊れても安心

ローカルとクラウドの違い

ローカルのデータは、PCが壊れるとデータも壊れることがある

クラウドに保存するメリット

データはクラウド上のため、PCが壊れてもデータは無事

データがクラウド(=Web上)にあることはわかりました。これはつまり、使用中のパソコンがもし壊れても、データは壊れないことを意味します。なぜならデータは、PC本体(ローカル)には保存されていないのです。
google Driveなどのサービスは、ローカルにも複製を作ることがあります。
パソコンが壊れても、データは安全。これはクラウドの大きな魅力の一つです。
パソコンは壊れたら買い換えることができるけど、データは買い換えが出来ない、大切なものだからです。

日報を【 グループウェア 】で管理するメリット

グループウェアの魅力
グループウェアは、複数人で情報の共有をするソフトウェアです。会議室の予約やスケジュールの共有など、様々なグループウェアがありますが、その中でnipoは、日報の共有や集計・管理にフォーカスを当てたグループウェアです。

日報を通じて情報の共有が可能

日報には、今日行った作業内容や発生したトラブル、仕掛中の進捗状況など、様々な情報が詰まっています。これらの情報を、提出を受ける上司だけではなく、横の繋がりである同僚や社員同士で共有することで、お互いの作業が明確に見えてきます。
中にはプライバシーを尊重する必要がある場合もあります。その場合は、プライベートモードを利用することで、お互いの日報を閲覧出来なくすることも可能です。

集計や分析が簡単にできる

日報に書かれた様々な情報を、グループのメンバー単位で集計をしたり、分析することができます。現場の生きた情報である日報を、よりブラッシュアップさせて有効に活用させるためには、日報のデータを分析する必要があります。
nipoでは、グループメンバーの日報データを集計し、グラフ化することが可能です。

スマホと連携して業務報告を簡単に

nipoスマホ日報アプリ

スマホからもアクセス可能

売上日報などの社内文書を作成するために、パソコンを使う必要はありません。nipoでは、スマホ専用アプリを公開しており、アプリを使えば、スマホから売上日報を作成・提出ができます。パソコンに不慣れなスタッフでも、簡単に日報が作成できます。

クラウドとグループウェアで、具体的にどんなメリットが生まれるの?

では、nipoを導入した後の便利な点をリストアップしてみましょう。

  • 営業マンは、外出先から営業日報を書くことができるようになります
  • 会社のパソコンからでも、自宅のパソコンからでも、作業日報の確認ができます
  • 専用アプリを使うことで、パソコンを一切使わずに日報を見たり書いたりすることが可能です
  • 使用中のパソコンが故障しても、社内文書のデータは安全に守られます
  • 統一された社内文書のテンプレートをつかうので、見た目にも統一感が生まれます

日報に特化したグループウェアnipo

さぁ今すぐ!無料ではじめよう。 PC・Tablet・スマートフォンで使えます⇒