日報の目的 を考える

日報作成のコツ

日報は、日々の業務の内容を文書に残すための、重要な書類です。
日報の書式はさまざまあり、呼び方も「営業日報」や「業務日報」「作業日報」など様々です。
日報の書き方自体に決まりはありませんが、ある程度のセオリーを抑えておくと、書きやすくなるのも事実です。

日報の書き方のコツ

実際、インターネットを開いて、「日報」と検索すれば、たくさんの日報の書き方に関する情報が出てきます。
日報の書き方について、参考になるサイトをピックアップしてみました。

日報共有サービス gamba!

日報は5分で提出できる!
日報を効率よく書くためのポイントを教えてくれます。日報に何を書いたらいいのかわからない方、書き始めがなかなか進まない方は是非参考にして下さい
新入社員指導のための日報の書き方
こちらは逆に上司(日報をチェックする側)の視点に立った解説です。日報を書く意味や目的を部下に説明できるように、わかりやすく解説してあります。

キャリアパーク

日報・週報で上司に褒められる書き方
日報の書き方について、具体的な例を載せながら説明しているサイトです。

insource

上司が唸る日報の書き方
日報の心構え、書くべきことと書くべきでないことをわかりやすく解説してくれます。

SFA Hacks

営業日報は必要?不要?
そもそも営業日報が必要なのか、営業日報のありかたを考える切っ掛けになる記事です

日報の書き方まとめ

事実を書く

実際に行った業務をわかりやすく日報に書くということです。
あまり難しく考える必要はありません。
営業であれば、何時にどこのクライアントへ訪問したのか、訪問した内容や成果を書きます。
店舗販売員であれば、今日売れた商品や客層、問合せの多かった内容や、クレームがあればクレームに関することなど、事実を簡潔にまとめて作成します。

見てもらうことを意識する

日報は、人に見せない日記とは違い、上司に見てもらうものです。読みやすく、簡潔にまとめることを意識しましょう。
上司が知りたいのは、あなたの今日の行動内容です。行動内容を伝えるために、日報を作成するという意識を持ちましょう。


日報に特化したグループウェアnipo

さぁ今すぐ!無料ではじめよう。 PC・Tablet・スマートフォンで使えます⇒