GOLD PLAN加入企業が100件を突破しました!

日報の全文検索機能の廃止とリニューアル計画について

news-アイキャッチ
この記事は約4分で読めます。
この記事に対する続きはこちらです
日報全文検索機能の縮小について

追記:2019/10/19日 検索機能を復元しました。応急的な処置です。検索機能については今後、GOLDPLANのセット機能ではなく、別途オプションとしてご提供になります。11月くらいまでには準備を整えますので、それまではGOLDPLANのセット機能としてご利用可能です

全文検索機能は一度廃止されますが別途オプションとして復帰します

日報の全文検索について

日報の全文検索についてー一瞬で目的の日報を見つけることができます。曖昧検索で柔軟に対応可能

Nipo Version5.0.0から廃止となった「日報の全文検索機能」ですが、復活を求める声が何社かから届きました。

廃止となった理由について丁寧に説明させていただきましたが、本ホームページ上にも廃止となった理由を明確に記載しておきます。

廃止の経緯とその理由について

廃止となった主な理由は2つあります。
1つは、費用的な問題です。
全文検索には高度なデータベースを利用しなければならず、日報の件数が増えるにつれて費用が
倍々に増えてしまいました。Nipoがメインで利用しているデータベースは「Firestore」ですが、Firestoreは検索機能が弱く、とても全文検索を利用できる機能を持っていません。
(もちろんメリットがあるためFirestoreを選択しました。リアルタイム同期などはFirestoreの特徴です)
そのため、全文検索についてはFirestoreと別のサーバを借り、データを二重にして保管しており、検索の際には全文検索用のサーバに問い合わせをする仕組みを構築しておりました。しかし全文検索用のサーバは費用面で負担がかかり、Nipoの料金形態でこの機能を維持することが将来的に難しくなると判断し、全文検索機能のすべてを廃止しました。
最終的に全文検索サーバ上でお預かりした全文検索用のデータは10万件にも上り(サービス開始から1年半程度)、当初予定していたペースを大幅に超えるペースで蓄積されてしまいました。
Nipo開発社の規模はとても小さく、このあたりのコストが将来的に重くなることは受忍できませんでした。1件の日報に対して、かかる費用は月額0.2円(実費)にも登ります。
もう一つの理由は、利用者の少なさです。
データ登録自体は前述の通り、10万件を超えるほどに登録されたにも関わらず、検索の回数は、多い週でも1週間に200回ほどしかありませんでした。
需要があればその分のNipo利用料金を値上げしてでも維持することは考えられましたが、この件数はあまりにも低く、そのためにGOLD PLANの料金を上げることは考えられませんでした。
実務上の多くは、「既読・未読」の確認ができれば必要十分であり、過去の日報を探し出すにはCSVエクスポートでエクセル表から探すことで目的が達成できます。
以上の理由により、全文検索機能は廃止となりました。ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけします。

当面の代替案

もし古い過去の日報を検索する必要があれば、CSVエクスポートで過去の日報をすべてエクセルに書き出し、エクセルの検索機能を使って検索していただくよう、お願いします。
CSVエクスポートについて

費用が看過できない問題とその対策について

一度「キーワード検索」はたたみます。これは決定しており、膨大な情報データを保持し続けられるほど、Nipoは儲かっておりません。
GOLD PLANご利用のお客さまのなかには、日報をまるで伝票のように矢継ぎ早に作成する利用をされる方もおり、当初の想定を大幅に上回る件数が登録されています。
この「全文検索」サーバは容量ではなく件数で課金されるタイプのものを利用しており、費用的にも無視できない金額となってしまいました。
Nipoは他の日報サービスに比べて圧倒的「低価格」での提供を売りとしており、低価格を維持するための措置として今回の対応となりました。
「検索ができないならNipoを使う意味が無い」
とまで言われてしまうと、それはとても悲しいことですがやむを得ません。私としても辛い決断です。

今後の全文検索機能について

一度廃止されますが、全文検索は「別途オプション」として復活します。料金は従量課金制となりますが、それでも良いというのであれば、ぜひお申し込み下さい。

別途扱いにすれば必要な方だけが申し込まれることが想定されるので、今ほど膨大なデータ量になることは無いと思われます。
オプション料にはサーバ運営の実費プラスアルファの費用をお客さまにご負担いただく予定です。例えば日報1000件までは月額1000円の上乗せくらいの値段感です。値段をあまり高額にするつもりはありませんが、使った分は払ってもらうような、従量課金型です。
今回の機能停止についてはこちらの当初の費用見込みの甘さが原因であり、ご不便をおかけしたこと、誠に申し訳ないと思っております。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解をお願いします

コメント