お知らせ!Nipoの姉妹アプリ「Maroud」がリリースされました

売上目標達成や今後のNipoについてのお話です

infomation
この記事は約4分で読めます。

いつもNipoをご利用いただきありがとうございます。今日のブログは近況報告的なものです。

Nipoが当初予定していた売上目標を達成しました

現行バージョンのNipoリリースが2018年の5月で、そこから3年ほどで当初の目標としていた1ヶ月あたり百万円の売上達成を目指していました。

この度、2021年9月に目標を達成いたしました。Nipoをご利用の皆様には感謝しかありません。

ありがと!

※請求書払いの場合は1年分ですが1年分もひっくるめての目標達成です。つまり実際は前受金が多い
※クレジットカード払いの場合は月額のため本来の単月の売上高です。
※請求書とクレジットカードを合算しての目標達成です。少し見栄を張りたかったのです

まぁ9月だけは去年も売上良かったものね?

おそらく10月は目標達成不可能ですが、一瞬だけでも目標達成できたので、私にとっては大きな一歩です。

なおNipoの姉妹アプリであるMaroudは全然売れていません。泣けてくるくらい・・・。

Nipoをより良くするために売上の一部をスポンサーとして還元しています

Nipoというサービスは合同会社サンドボックスの上田が一人でちまちま作り上げたサービスですが、その裏側では数え切れないほど多くのエンジニアに支えられています。

例えばNipoはQuasarというフレームワークを使って作られていますが、Quasarは無料で公開されています。

例えばボタンとか、スライダーとか、基本的なパーツすべてが

Quasarによって作られています

プログラムの開発を支えてくれる様々なツールや技術に支えられ、Nipoは存続することができます。

中には有料のものもあります。例えばインフラであるサーバにはFirebaseを使っていますがこちらは費用が発生します。

費用が発生するものは利用料として還元していますが、無料のものについてはスポンサーとして売上の一部を還元しています。

特にNipoに関連の深いプロジェクトとして

  • Quasar(Nipoの土台)
  • QCalendar(Quasarの子プロジェクト)
  • TypeSense(将来導入します。日報検索システム)

があり、これら全てに対して毎月一定額の支援をしています。1回きりの払い切り支援をしたプロジェクトもいくつかあります。

スポンサーとして支援しているプロジェクトたち

スポンサーとして支援しているプロジェクトたち

パソコンから簡単に支援できるので便利な時代ですね

この他にもESLintTypeScriptChart.jsなどNipoを支えてくれる技術やサービスはたくさんあります。Nipoの集計ボタンを押してグラフがでてくるのも、あれは私が作ったのではなくChart.jsが作ってくれたものなのです。

さすがにすべてのスポンサーになるほど金銭的に余裕はないため支援先は選ぶ必要があります・・・。支援できてないプロジェクトには本当にごめんなさい。

無料で公開されているものを金儲けに使うんだから支援するのは人として当然なのです

Nipoのアップデートも予定があります

さてそんなNipoですが最近目新しい機能が全く増えていません。今見返してみると使いにくい箇所、わかりにくい箇所なども結構たくさん見受けられます。

  • 日報のCSV出力は決まった形にしか出力できない
  • 日報のテンプレートを作成する画面が使いにくい
  • 日報をPDF出力するときに透かしの色が変更できない
  • 細かいバグが散見される
  • 日報に内包したタイムカード機能あれもっとどうにかならんの?
  • 同じ機能を持つボタンが複数ある
  • URLから日報に直接アクセスできない
  • 外部アプリとNipoの連携が一切考慮されていない作りとなっている

ちょっと思いつくだけでもたくさんの改善点が見えてきます。課題は山積みですが継続してNipoのプログラムを修正していく予定です。Nipoの姉妹アプリであるMaroudであらたに学んだ技法などがあり、それらをNipoに「逆輸入」するような形で今後Nipoをより強固なサービスに仕上げていきたいと考えています。

書き換える量が多いため思ったよりも時間がかかっております。当初の予定では1ヶ月位前に大幅なアップデートを行う予定でしたが、問題が発生したため予定は遅れています。

少し専門的な話になりますが、Nipoは「JavaScript」というスタイルで記述されていたものを、今は「TypeScript」スタイルで書き直しています。この「TypeScript」はプログラムのミスを機械が教えてくれるような仕組みで、バグの発生を未然に防いでくれる効果があります。

堅牢なシステムになりたいぞ

この「TypeScript」で書き直す作業が思いの外難航していますが、鋭意開発中ですので今しばらくおまちください。

TypeScript化が終わった段階で徐々に新しい機能を実装していきます。もう少し時間がかかりますが今年いっぱいくらいには上にあげた問題をすべて解決することを目標に頑張って開発していきます。

それでは特に落とし所も見失ってしまったのでこのあたりで。

ここまで読んでくれてありがとうございますっ
Nipoに興味を持ちましたか?すぐ始められますよ

個人情報の入力も無し。ワンクリックで体験アカウントで利用可能です。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

news
クラウド日報 Nipo

コメント