会社の重要な日報のクラウド情報を、SSLで守る

安全 日報管理
安全性の高いSSL通信を使うことで、重要な社内文書のデータを安全に守ります。

社内文書をSSL通信で【 安全 】に保護する

データ通信は全てSSLで行います。
SSLとは、ネットショッピングなどでクレジットカード番号をやり取りする際にも使われる、業界標準の暗号化方式です。SSLを使うことで、情報のやり取りが全て暗号化され、安全に社内文書の管理ができます。

SSLとは?

ネットショッピングやオンラインバンキングなど、重要なデータのやり取りに広く利用されている暗号化方式です。
アクセスしているページが、SSLに対応しているか否かの確認は、ブラウザのURLを入力するバーで簡単に確認することができます。

アドレスバーSSL

SSL通信が有効なら鍵マークが表示されます(google chrome)

SSL通信safari

SSL通信が有効なら、鍵マークが表示されます(safari)

アドレスバーに鍵のマークが表示されているページは、SSL通信が有効です。重要なページの場合は、まずアドレスバーをチェックして下さい。通常はURLの先頭がhttpですが、SSLは、URLの先頭がhttpsで始まります。

https通信の表示

ブラウザによっては、通信方式を詳しく表示できるものもあります

ネットショッピングなどでクレジットカード番号や、住所などの重要な情報を入力する際には、SSL通信が行われているか確認するクセを付けておくと良いでしょう。

社内文書へのアクセスはSSLを使います

社内文書は、会社内の重要な情報が書かれている文書のため、外部からの不正なハッキングを防止する必要があります。そのためnipoでは、社内文書に関する全ての操作がSSLで暗号化されて通信が行われていますので安心してご利用いただけます。

権限によるアクセス制御

社内文書管理システムnipoは、複数人で使用することを想定しています。従業員が、全ての社内文書データを閲覧できては、困ることもありますので、ユーザ毎にアクセス可能な社内文書と、アクセス不可能な社内文書の制限を掛けることができます。


SSLについてもっと知りたい

会社の重要な情報を守るためには暗号が必要です。暗号に興味を持つことは良いことです。なぜなら御社の重要な情報を、悪意ある第三者から守ってくれる大切な技術だからです。ここでは詳しくお話し出来ませんが、さらっとご紹介します。

SSLは暗号化の技術ですが、暗号化も色々な種類があります。SSLでは、公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式が組み合わせて使用されています。例を見てみましょう。ここに、アリスとボブがいます。

【共通鍵暗号方式】

アリスがボブにひみつの文章を送るとき、アリスとボブが暗号の手順をお互いに決めておきます。例えば、アルファベット1文字ずつ後ろにずらして暗号化し、平文に戻すときはアルファベットを1文字ずつ戻せば平文にもどります。
Hello という平文はIfmmp になります。

【公開鍵暗号方式】

公開鍵暗号方式の手順は次のとおりです

  1. アリスがボブにひみつの文章を送るとき、ボブから解錠済みの南京錠を受け取ります。
  2. アリスは箱にひみつの文章を仕舞い、ボブから預かった南京錠で鍵を掛けます。
  3. ボブは、手元に南京錠を解除できる鍵があるので、それを使って解錠します。

このページは、日報クラウドnipoで使用している暗号の説明ですので、詳しくはSSL専用のページをご覧いただくと、より理解が深まります。
3分で理解できる!共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の仕組み
また、書籍ですが、サイモン・シンの「暗号解読」などは、読み物としても面白く、暗号の歴史、仕組みが理解できます


日報に特化したグループウェアnipo

さぁ今すぐ!無料ではじめよう。 PC・Tablet・スマートフォンで使えます⇒