1名200〜500円でフル機能が利用可能!

Nipo 4.2.0リリース!無料プラン拡張や新パーツの追加!代理店の募集も?

news-アイキャッチ
この記事は約4分で読めます。

無料プランが更に便利になりました

無料プラン(Silver Plan)でこれまで利用が制限されていた一部の機能が完全無料で使える様になりました。

具体的には、次の項目が無料でも使えるようになりました

これにより、通常の日報作成においてほとんどすべてのパーツを自由に使える様になりました。様式の保存件数など、その他の点についてはこれまで通りです。

集計・グラフ化の機能はSilver Planで使えなくなります

これはもともと、料金プランに記載しており、利用不可だった機能が使えてしまっていた状況を放置した私にも問題があるのですが、すみません。Silver Planでグラフの表示はできなくなります。

 

スライド式で数値の入力が可能になりました

日報パーツ-ステップスライダー

ステップの名の通り、X刻みでスライダーを動かせます。Xは自由に設定でき、例えばX=2にすれば2,4,6,8・・・のように入力できます。

キーボードから入力する「数値」ではなく、ドラッグ(またはスワイプ)で入力できる数値パーツがついにリリースです。

スライドのツマミを移動するだけで数値が入力されます。スライドの最小値と最大値を予め登録しておくことで、その指定範囲内の数値をかんたんに入力できるようになりました。

さらにスライドパーツは「日報集計機能」にも対応しており、入力されたデータはグラフ化やデータテーブル化できます。

スマートフォンとの相性が非常に良いパーツですが、PCからの利用ももちろんOKです。直感的でわかりやすい入力方式は、日報作成者の負担を軽減するだけでなく、想定外のでたらめな値が入力されることを防ぐ効果もあります。

スライド入力の種類

上の画像をよく見ると、「5〜13」のように、範囲で入力しているスライドパーツが有ることに気づきます。

スライドは1つの値を入力できる「スライド(刻み)」と、範囲を入力できる「スライド(範囲)」の2つがあります。

刻みは「5刻み」や「3刻み」など、指定した値ごとにステップで増えていく入力です。例えば3刻みのスライダーでは、3,6,9,12。。。のように増えていきます。

範囲は最小値と最大値を決めて入力が可能です。

※範囲は日報集計機能の対象外です

GOLD PLAN(Gift)の期間が短縮されます

現在、1グループに付き1度だけ利用可能な GOLD PLAN(Gift)はお申込みから30日間有効ですが、2019年4月1日から14日間に短縮します。

Giftは申込みと同時に20名まで利用可能になっていましたが、人数については変更はありません。

単純に期間が半減するだけだと思ってください。

「様式」を「テンプレート」と名称変更しました

これまで、Nipoは一貫して「様式」という言葉を使ってきました。

様式とは、日報の型のことですが、少し表現がカタイこと。そしてあまり一般的な名称ではない(Wikipediaに「様式」が載ってない)ことを考慮し、「様式」という言葉を全て「テンプレート」に書き換えました。

このホームページ内にもまだ「様式」という言葉が残っていますが、適時修正してまいります

 

代理店とか、スポンサーとか募集?

Nipoを使っていただける方の多くはSilver Planです。せっかく様々なパーツを用意しても、Silver Planでは一部のパーツが使えず、せっかくの日報アプリなのにもったいないとおもっていました。

そのため、画像を除く全てのパーツを今回のバージョンアップで開放しました。

Nipoの開発規模は小さく、営業担当は0名です。Nipoの収益はその100%をこのホームページに頼っておりますが、GoldPlanの売れ行きは思ったほど順調ではありません。(規模が小さいので掛かる経費も少額で済んでいますが。)

せめて月に20件ほどの契約があれば嬉しいのですが。なかなか横ばいで増えないのが現状です。

過去にお客様から、Nipoを他のお客様に紹介してくださったケースが何件かあり、非常に嬉しく思いました。この仕組をうまく組み込んで代理店のような仕組みを用意することも少し検討しています。

あるいはスポンサーもいいかもしれません。このあたりもう少し検討したいと思っています。

コメント