iPhone・iPadでNipoを使う

NipoはPWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)という技術を採用して作成されました。
かんたんに説明するとPWAとは、普通のWebページをあたかも「アプリケーション」風に見せる技術です。

PWAとしてインストール(推奨)

PWAがまだ一般的に浸透していないため、インストール手順に戸惑う方もいることでしょう。
安心してください。インストールはとてもかんたんです。手順はたったの3つしかありません。
まず以下のボタンからNipoを起動します。

必ずSafariで操作してください(方位磁石アイコンのやつです)

Nipoのログイン画面が表示されましたね。
ここからは図で解説します。下の図を参考に操作してください

お疲れさまでした。これでNipoをPWAとしてインストールできました

案ずるより産むが易しってね

PWAインストール手順(動画)

操作手順がわかりにくい方向けに動画によるインストール紹介手順も用意しております。
1分20秒ほどの動画ですが、手順を確認できます。(音声は出ません)

iOSアプリストアからインストールする方へ

App StoreからNipoをインストールする手順です。
多くの方はこちらの手順に慣れていると思います。PWA版と比較すると、一部の機能が制限されています

PWA版とアプリストア版の違い

PWA版は「ブラウザ上」で動作しますが、URLバーなどが非表示となり、見た目が通常のアプリと遜色ありません。
デスクトップにもアイコンが追加され、一見するとPWA版もアプリストア版も同じように見えます。
さらに大元となるプログラムはどちらも同じもののため、日常の利用において両者の差はほとんど感じることができません。
PWA版は必要なプログラムをブラウザ上に保存します。アプリストア版は「インストール」という形で必要なプログラムを端末に保存します。
そのためかかる通信量も両者ともにほとんど変わりません。
差が生まれるのはアプリのアップデート時です。
アプリストア版はアプリストアからアップデートする必要があります。対するPWAは更新があると自動でアップデートが適用されます。

気軽に始めよう

個人情報一切不要の匿名アカウントで手軽に体験できます。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

Nipoを起動