iPhone・iPadにNipoをインストールする

この記事は約3分で読めます。

ご利用端末がiPhoneまたはiPadの場合、Nipoをインストールする際にやり方が2種類あります。それぞれの特徴や手順について解説しています

PWA版としてインストールする【推奨】

PWAという言葉が聞き慣れないかもしれません。
かんたんに言えば「Webアプリを本当のアプリのように見せる技術」です。

本物のアプリのように見えるので、ちゃんとホーム画面にアイコンが表示されますし、アイコンをタップすることでアプリが起動します。NipoのPWAの版を利用するメリットは「最新版が利用可能」なこと。そして「iOS版で制限されている機能が利用可能」である点です

PWA版のインストール手順

画像による解説と動画による解説を併記しております。

この操作はiOSの方を対象にしています。(AndroidはChromeで操作します)

前準備

前準備はよろしいですか?ここからたった4手順でPWAがインストールできます

 

PWAインストール手順1

PWA対応のページを開き、メニューをタップします

PWAインストール手順2

メニューにある「ホーム画面に追加」をタップします

PWAインストール手順3

画面右上の「追加」をタップします。なお名前は任意に変更できます

PWAインストール手順4

ホーム画面にアイコンが追加されていることを確認してください。タップすることでアプリが起動します

動画による操作方法はYoutubeにアップしております。

iPhoneでPWAを使う

App Storeからインストールする【従来型】

いわゆる「いつものやつ」です。App Store上にNipoのアプリが公開されていますので、以下のアイコンをタップしてアプリをインストールできます

iOS App

App Storeからインストールする最大のメリットは「やりなれているため手順がかんたん」だという点です。おそらく多くの方は前述したPWAのインストールを使ったことがなく、App Storeからのインストールが主だと思います。

App Store版はPWA版に比べて更新の頻度が低く、また一部の機能はApp Storeの制限により利用できないというデメリットがあります。

PWA版とApp Store版が併存する理由

Nipoがリリースされた2018年当時、PWAという技術はiOS版で正式にサポートされていませんでした。(Android版は当時からサポートされていました)

かろうじて動作しても、「更新が機能しない」といったいくつかの問題も抱えていました。そのため、NipoはPWAを前提に開発してきましたが、それとは別にApp Store版を用意する必要がありました。

このような問題はiOSのバージョンが上がるにつれて、徐々に解決されて行きました。本記事執筆時点でiOSのバージョンは14ですが、1つ前のiOS13のころから実用上問題のないレベルにまでPWAが使えるようになってきています。

このような経緯から、現在はApp Store版とPWA版が併存しております。

ここまで読んでくれてありがとうございますっ
Nipoに興味を持ちましたか?すぐ始められますよ

個人情報の入力も無し。ワンクリックで体験アカウントで利用可能です。そのまま正式アカウントへ昇格もOK。Nipoが使えないと思ったらブラウザを閉じるだけです

タブレット・スマートフォンで日報
あなたの「いいね」が明日への希望となりますので、助けると思ってぽちっとお願いします
クラウド日報 Nipo

コメント