1名200〜500円でフル機能が利用可能!

iPadで日報を作成する

icatch
この記事は約3分で読めます。

iPadを使って日報を書く

「PCを使った日報が苦手」

「スタッフがPCを使えない」

もしそのようなお悩みをもっているのなら、タブレットを使った日報はいかがでしょう。たとえばiPadを使えば、日報の作成や、iPad上から日報をPDF化したり、プリンタがあれば印刷することもできます。なによりも、iPadはとってもかんたんに操作できるメリットがあります。PCが苦手でも、iPadは使えるという人も多いはずです。

iPadでNipoを起動した画面

 

パソコンと同じ日報業務がiPadだけで完結できます

Nipoはレスポンシブデザインで作られた日報アプリです。レスポンシブの特徴は、「どの機器からアクセスしてもきれいに見える」点です。例えばパソコンのように、大きな画面からNipoを利用するとこんな感じになります↓

PCから見たNipoの画面

iPadから見た画面と比べて、表示されるエリアが増えました。

よく見てみると、iPadから見た画面と比べてみると、機能に大きな違いが無いことに気づきます。極端に言うと、パソコンがなくてもNipoを利用することが可能です。

パソコンとiPadの連携はできるの?
iPadで書いた日報をパソコンから読むことも、その反対も可能です。クラウドシステムの強みですね

タブレットの強み:時間や場所にとらわれないこと

iPadはとってもコンパクト。カバンに忍ばせても邪魔になりません。

iPadとWifiがあれば、いつでもどこでも。日報を読んだり、コメントを返したりできます。

もちろんiPadから日報を書くことも可能。

 

ipadと日報の相性

タブレットだからこその強みを最大限に活用できます。

iPadの優れた特徴として、タッチパネルが使えるのもポイントです。iPadがそのまま1つのキャンバスになるので、手描きの地図やメモも指先一つでサクサクと描けます。

 

タッチパネルの他にも、背面に高性能なカメラが搭載されていますので、「現場の写真をカシャっと撮影して日報へ添付する」。といった使い方も可能です。カメラの無いPCではデジカメのデータを取り込んだり、メールで送ったりと非常に手間ですが、iPadならそれ1台で完結できます。これもまた、PCよりも優れたポイントですね。

タップ操作がとっても使いやすいので、タップで入力できる日報の様式を作れば、スタッフの入力負担も大幅に軽減できます。Wordで作ったような、きれいなレイアウトで日報を読んだり、書いたりできるのはNipoならではの大きな特徴です。

タブレットは長い文を入力するのが苦手です。入力の負担を減らせるような日報の様式を設計しましょう

専用アプリをダウンロード

この記事はiPadにフォーカスしてお話しましたが、もちろんAndroidのタブレットアプリもご用意しております。また、専用アプリをダウンロードしなくても、ブラウザ上から直接Nipoを利用することも可能です。

あ、もちろんiPhoneでも使えますよ

 

 

ios App store

 

android Google playからダウンロード

ブラウザで動作するNipo
SafariやGoogle Chromeなど、タブレットに搭載されているブラウザから直接Nipoを起動することも可能です。パソコンからのNipoはこの形式でご利用になれます

コメント