2019/01/11 新料金プラン登場ですっ

スマホで日報を作成しよう

icatch

かんたん!スマートフォンで業務の日報作成

iPhoneからNipoを起動した画面イメージ

「日報を書くために、パソコンに向かうのはめんどう・・・かんたんにできないの?」

日報は毎日書きます。ちょっとした手間でも、毎日になると大きな負担です。

では、スマートフォンで日報を書くというのはどうでしょう?

いつも持ち歩いているスマートフォンから日報が書けたら便利だと思いませんか?

パソコンが苦手なスタッフでも安心です。

スマートフォンはパソコンよりもずっとかんたんに使えるので、スタッフさんたちの負担も軽減できます。

Nipoでスマートな日報業務をはじめてみませんか?

 

 

 

スマートフォンに適したレイアウトで

スマートフォンの画面って縦長ですよね。

上下にスクロールしやすいので、Nipoでは日報のデザインが縦長表示になります。

また、操作もパソコンとは大きく異なります。

キーボードやマウスが無いスマートフォンは、操作の感覚も全然違います。

一覧から選択するだけで入力できる項目や、チェックボックスなど、スマートフォンと相性の良い項目を使って様式を作ってみましょう。

スマートフォンでの日報作成負担も軽減できるはずです

iphoneモック

 

スマートフォンは長文の入力が苦手です。それを踏まえた上で、できるだけ文字入力の負担を減らすことが、スタッフの負担軽減に繋がります

 

 

 

スマートフォンとパソコンの連携もかんたんです!

外出先から日報を読んだり、書いたりできるフットワークの軽さはパソコンには真似できません。

そんなスマートフォン、とってもかんたんで便利ですが、画面が小さいのが玉にキズ・・・。

そんなときは、スマートフォンとパソコン(タブレット)を組み合わせて使ってみましょう。

スマートフォンで作成された日報は、画面の大きなパソコンやタブレットで読むことが可能です。

日報の集計や、印刷といった機能も、パソコンから行うことができます。

スマートフォン単独でも、日報の印刷や集計は可能です。しかし画面の小さなスマートフォンでは、集計結果をエクセルに出力した結果を読むのは少し不便です。細かな作業はパソコンを活用しましょう

たとえば、スマートフォンとタブレットではこんなに大きな差が生まれます

icatch

上の図は同じ日報を表示しています。

左は、iPhone8で、右はiPad Air2です。見た目の違いは一目瞭然ですね。

専用アプリを使えばより便利に

iPhoneや、Androidスマートフォン向けに、Nipo専用のアプリを公開中です。

ブラウザ上でNipoを動作することも可能ですが、モバイル機器は専用アプリのほうが利便性が高いので、これらのアプリをダウンロードすることをおすすめしています。

android Google playからダウンロード

ios App store

もちろん専用アプリを使わずにブラウザからも利用可能です。しかしモバイル端末の場合は、専用アプリをご利用されたほうが利便性が向上します。

コメント